NISAのはじめ方

【NISAの口座開設】
NISAを始めるには、先ずNISA口座を開設する必要があります。
NISA口座は、金融機関を通して開設できます。大きく分けて銀行と証券会社です。

最初に、証券会社から見ていきましょう。
証券会社は、ネット証券と店舗型証券会社に分けられます。
取り扱われる金融商品は、どちらも共通していて、上場株式・投資信託・上場投資信託・指数連動証券・REIT(不動産投資信託)等があります。

ネット証券の特徴としては、手数料が安い(0円の場合もある)、自宅で簡単にネット注文出来る、自分の判断で投資出来る、取り扱い金融商品が多い、等があります。

店舗型証券の特徴としては、証券会社の営業の人に相談しながら金融商品を選べるので安心感があるという点です。
その分手数料は高いと言えます。
証券会社によっては、ネットで自分で売買できます。

次に銀行です。
銀行の場合は、使い慣れた身近な銀行を利用できる安心感があります。
デメリットとしては、金融商品の幅は圧倒的に少ない事と手数料が高いということです。

【金融商品を選ぶ】
口座の開設が出来たら、次に金融商品を選ぶ作業です。
大まかに見ていくと
上場株式
*株とは企業が事業資金を調達する為に発行する証券のことです。
NISA枠では、株の売買の差額による譲渡益・配当金が非課税になります。
将来性のある企業の株を選んで、その株価が上がるのを待ち、配当金も得たいですね。

投資信託
*自分で投資運用する代わりに、専門家にお願いする金融商品です。
世界の様々な投資対象に、少額から分散投資できます。沢山の投資家からお金を集めて、一つの投資信託(ファンド)にするので、大きな資金で運用出来ます。
投資信託では、換金による譲渡益・分配金が非課税になります。
初心者の場合、なるべくリスクの低い、少しずつでも確実に利益を出せるファンドが良いでしょう。