NISAで投資の勉強

NISAは2014年から始まった、株や投資信託などの運用で得た利益や配当金が一定額非課税になるシステムです。
銀行や証券会社に住民登録を添えて、口座をオープンできます。(代行してくれるところもあります)
100万円が限度額でしたが、来年からは120万円まで枠が広げられるようです。

2023年までの10年間、毎年新たに100万円(2016年からは120万円になるかもしれません)非課税枠が追加されます。
それぞれ最大5年間となっていて、途中で売った場合は非課税枠を使ったことになり、同じ枠内での再利用はできません。

対象は20歳以上です。

各枠ごとに5年までの期間が非課税枠なので、たとえば2014年に投資したNISA枠は2018年末までに終了します。
その枠は、2019年のNISAの枠へ移すことも可能です。
勿論その時点で精算して別の株や投資信託を新たに購入しても良いです。

NISAの利点として、個人の資産作りの促進や、貯蓄から投資といった経済の活性化が望めます。
金利ゼロの時代ですので、ただ預金しているだけでは資産が目減りしてしまう可能性も高いので、賢く利用して運用してみるには、最適なシステムだと言えるでしょう。

注意点としては、
1:開設出来るのは、一人につき一口座のみということです。
他の金融機関に移す場合でも、同じ年の枠は一つしか持つことはできません。
2:投資を行わなかった非課税枠の翌年繰り越しはできません。
売却しても、非課税枠は再利用できません、年間の非課税枠を超える投資もできません。
3:NISA口座は、新たに購入した上場株式・株式投資信託などが対象となるので、他の口座(一般口座や特定口座など)で既に保有しているものをそのまま移管することはできません。
非課税のNISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(一般口座や特定口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除もできない。
4:金融機関によって購入できる商品は異なります(投資信託は証券会社や銀行などほとんどの金融機関で取り扱い可能、株式は証券会社のみ)
NISA口座の開設時には、投資したい金融商品を十分に検討し、金融機関を選びましょう